全ての記事

電子カルテ導入に向けて!

インフルエンザの猛威も落ち着き、春の足音が聞こえ始めております。

現在、当院は4月電子カルテ導入に向けて、各セクションにて急ピッチで準備を進めております。看護師への操作説明も終え、部署内でのプチリハーサルを何度も行い、習熟に向けて頑張っております。

3月に入り、多職種参加の「外来リハーサル」を行いました。患者シナリオを作成、患者役の職員を実環境に見立て診察し、稼働時のイメージをつかみ、問題点の抽出を行っております。パソコン操作が苦手なスタッフも、協力し合い毎日勉強しています。

不安はたくさんあり、どんなに準備をしていても毎日見直しが必要になってくるとは思います。導入後、患者様にご迷惑をお掛けしないよう、他職種スタッフと日々改善しながら頑張っていきたいと思っております。

外来 

      

手術室の休日・・・

こんにちは!!

現在、気温8℃です。春のようにあたたかい日もあり、気温差に体がついていけず・・・

寒い日は布団から出られません・・・(^^;)

今回は、手術室の休日について紹介します。

まず・・・手術室は平日勤務がメインのため、土日祝日が休日で予定が立てやすいです!

連休も基本お休みなので旅行に行ったり、実家に帰ったり充実した休日を過ごせます(^o^)

私は先日、連休をいただき韓国に行っておいしいものを食べたり、インスタ映えで写真を撮ったりして楽しく過ごしました♪

休日にリフレッシュすることで仕事にも打ち込むことができ、仕事もプライベートも充実した日々を送っています☆

*~先日の韓国旅行の写真です~*~*

       

秋の恒例行事

秋が日々深まる季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回のブログ担当は、3C病棟です☆当病棟は、一般障害者病棟となります。

現在、透析を行なう患者様が16名程度、また、他にはパーキンソン病や脊椎変性症などの患者様がご入院中で、自力で動けない方も多いため入浴を週2回行うなどのケアを中心とした病棟になります。

3C病棟に配属されている看護師は、20代が半数以上を占めており、若さと活気に溢れています!!

先日・・・そんな若者たちと、毎年恒例のAMG大運動会に参加してまいりました(^^)/  

病院玄関で数名の患者様に、「がんばってきてねー!」と応援をいただき温かい気持ちで参加させていただきました。雨が降るあいにくな天候での運動会でしたが、一致団結でムカデ競争!!7位中・・・5位という結果でした。

今回、当院は運動会主催という大役でしたが、雨で足元がぬかるむ中、朝早くから運動部をはじめ駐車場整備や誘導係の方々のおかげで無事終了することができました。運営委員にあたられた方々、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!

早起きは苦手ですが・・・(^^;)・・・鉄板で作る焼きそば等の軽食も用意されていて、とても美味しかったです!!

また来年も一致団結して運動会に参加して参りたいと思います。

      

3C病棟 伊澤・長井

冬にむけて

あっという間に10月です!!

こうやってあっという間に1年が終わっていくのですね・・・。子供の時には感じもしなかった時の流れの速さを、今、かなり実感させられています。

毎日、暑い日々が続き、台風が連続して日本列島を縦断し、被災されている方々もまだまだ大変な生活を送られていることと思います。近頃は朝晩が急に冷え込み、体調を崩す人も多くなってきています。

当院の2A(急性期外科)病棟では、先日、早くもインフルエンザに感染した方が入院されました。そこで、病棟では感染対策の一環としてスタッフ一人ひとりが携帯している手指消毒薬の使用量を集計することにいたしました。誰が最も手指消毒を行なっているか、いないかを表にしてスタッフルームに掲示することにしました。

私たち医療従事者が感染の媒介者にならないように!!と病棟で決めた取り組みです(まだ、始めたばかりですが・・・(^^;))

皆さんも体調には気を付けてくださいね。

外出後、食事前には必ず手洗いうがいを心がけて下さい。忘れがちですが・・・買い物帰りなど、お子様とファーストフード店へ行き、あちこち触った手を洗わずそのまま食事・・・

な~んて、とっても危険ですよ。ご注意を・・・

2A病棟 稲見

助産師のお仕事♪

 まだまだ残暑の厳しい毎日が続いていますが、体調などはくずされていませんか?今回は、知っているようで知らない助産師についてご紹介させていただきます!

助産師とは・・・妊娠・出産・産褥、さらに赤ちゃんのケア、子育て支援など、女性とパートナーシップをもって、その一生の性と生殖に関わる健康問題を中心に、ケアや保健指導を行ないます。法律に基づく資格をもった専門家です。ちなみに英語ではMidwife(妊娠・子育て用語辞典より)といいます。

とても堅苦しいようですが、女性の一生にかかわるお仕事です。最近は、出産だけでなく思春期相談や性教育、虐待などといった相談も多くなっています。働く場所も病院・クリニックはもちろんですが、都市町村などの保健センターや、店舗での赤ちゃん相談、助産院を開業したり、と活動の場は幅広いです。

また、当院の3B(産婦人科)病棟でも実施していますが、マタニティヨガ、ベビーマッサージなどの資格をとって開業している助産師もいます。その他、整体、アロマテラピー、リフレクソロジー、ラクテーションコンサルタントなど様々な資格を持っている助産師が多いです。助産師は資格が大好きなのですww

3B病棟では、分娩介助はもちろんですが、婦人科患者様の看護師業務の他、切迫早産の看護、そして授乳指導、育児指導、出産準備教室などとにかく保健指導が昼夜問わず行なわれています。また、病床数には入っていない新生児のお世話があります。時には点滴をしたりクベース管理の病児の看護をしながら、緊急の患者様の対応をしています。

産婦人科病棟は赤ちゃんの可愛い泣き声と、出産を終えた幸せいっぱいの雰囲気を想像される方が多いと思います。だからこそ、幸せな結果に結びつかない状況はとても過酷です。

ママと赤ちゃん2人分の命を預かって日々緊張感をもって出産の場に立ち会わせていただいています。入口にロックのかかった閉鎖的な病棟ですが、緊迫した状況の中、小さな赤ちゃんの可愛い泣き声に癒されながらスタッフ一同、日々頑張っております。

  

ベビーマッサージの様子です。パパも一緒に参加してくださると、さらに楽しくなります♪

                                           3B(産婦人科)病棟