記事一覧» 2018年06月

新入看護職員 入職

新緑の季節を迎え、当院も新たな仲間が増え爽やかな風が吹いております。

今年の看護部は13名の新人看護職員が入職いたしました。各地方から入職され、みなさんフレッシュな笑顔が眩しいほどです。

入職後、約1ヶ月のローテーション研修を行ないました。この研修の目的は、現場の雰囲気を肌で感じ、各セクションの特徴を知ることで配属希望を自ら選択していくこと。また、各セクションのスタッフが新人看護職員に関心を持つことが出来る、などです。

配属希望は様々でしたが、現在配属されている部署で日々切磋琢磨しながら頑張っています!!

そして来月にはリフレッシュ研修が待っています。新入職員のみなさんが気分転換できるように、また先輩たちと良い交流が出来るような研修になればいいな(^^)と思っています。

                            教育部会 江橋

  

平成30年度新入職員を迎えて

早いもので今年度も新入職員を迎え、あっという間に過ぎ去っていきました。

気が付けばもう6月。まずい・・・初回のブログ担当は私なのに・・・。

今年は13名の新人看護師を迎え、5月半ばよりそれぞれの配属部署での勤務が始まりました。

そんな中、5月13日にはグループ行事であるバレーボール大会が行われました。5,000人近い人達が集まる中、今年度入職の看護部の新人も選手としての参加です。私も本当に我が子を応援する母の思いでバレーの応援に参加してきました。

結果は一勝一敗。みんな本当に良く頑張りました。バレーで培ったチームワークを基にこれからも一歩一歩前に進んでほしいと願っています。

新人達の成長が私の元気の源になります。ときには母として、ときには人生の先輩として新人達をサポートしていきたいと思っています。

                        看護部長 山下 ひとみ