『TANABATA RPOJECT』

【リハビリ】

暑い日が続いていますが皆様いかがお過ごしですか?

春の『SAKURA PROJECT』に引き続き、患者様の感情を揺さぶろう企画の第2弾!!

『TANABATA PROJECT』をリハビリ室前で実施しました。約2週間の実施機関で天の川には満点の星が出現。

多くの患者様やスタッフが短冊に願いを書いてくれました。PROJECTは終了しましたが、退院までに全ての患者様の願いが叶うようにスタッフ一同全力でリハビリにあたります!!

さぁ秋の第3弾はどんな企画を用意してくれるのか・・・・・

PROJECTチームに期待です。

まだまだ、暑い日が続きます。こまめに水分補給をとりこの夏を乗り切りましょう。



夏本番

病棟のコミュニティースペースに、大型テレビがあります。

相撲の場所中や、高校野球のシーズンになると、自然と患者さんたちが集まります。

力士や高校球児の熱闘に皆さん、目を輝かせていらっしゃいます。

一方、リハビリの合間に病室でレース編みをしている患者さんがいました。

昔は、和裁も洋裁もこなし、食べるものも全て手作りが普通だったそうです。

聞くところによれば、他の患者さんの趣味は、柔道、バレー、日本舞踊、絵画、カラオケ等々。

皆さん、素晴らしい趣味をお持ちだったようです。

趣味は、生活に彩りを与える物なのです。

今後もスタッフ一同、日々患者様が活き活きとし、リハビリに専念できるよう、後押ししていきたいと思います。

FIM勉強会

【リハビリ】

今年も回復期病棟とリハビリ科で合同のFIMの勉強会を行いました。

当院では、病棟での機能的自立度の評価としてFIM(Functional Independence Measure)を使用しています。

60枚を超えるスライドを用意してくれ、各項目ごとに分かりやすく解説していただきました。

今期は病棟-リハビリでの勉強会も多く企画していこうと考えています。

紫陽花が咲きました

6月

回復期の患者様は、病室でじっとしているわけではなく、毎日リハビリ室まで往復します。

また患者様どうし、おしゃべりしたり、たまには1階の売店で買い物したり・・・

このあいだデイルームの飾りつけをお願いしたら、こんなかわいらしい紫陽花の花が咲きました。

素敵でしょ?

ところで病棟の廊下は、医師、看護師、リハビリのPT・OT・ST、介護士、ソーシャルワーカー、栄養士などが行き交います。

その医療スタッフも家に帰れば、単身、子育て世代、親の介護が気になる世代などさまざま。

つまり回復期病棟は、いろんな人たちが活動する生活感あるところなのです。

ちょっとした、コミュニティー といった感じ。

独り暮らしの患者様にとっては、賑やかでちょっとビックリのようです。

桜咲きました☆

【リハビリ】

新年度・診療報酬の改定に伴い、当院も例年以上にバタバタと慌しく新年度を迎えました。

関東の桜も例年よりも早く見ごろを向かえ4月の入学シーズンには完全に葉桜になってしまいましたね。

この時期の入院患者様からは毎年のように『桜が見れなかった』『お花見がしたかった』との声を頂くのですが、残念なことに当院の屋外歩行のコース内には桜が無いんです・・・・

それならば、植えてしまえばいいじゃない!!という事でリハビリ科OT新2年目のセラピストたちが奮闘してくれました!!

その名も『SAKURA PROJECT』

リハビリに来る度に患者様に1枚1枚花びらを貼っていただき、みんなで満開にさせよう!!患者様の感情を揺さぶろう!!というプロジェクトです。

1週間ほどでリハビリ室にも満開の桜の木が出来上がりました。

回復期病棟の桜もリハビリ室の桜も満開です♪

入院患者様、リハビリスタッフだけでなく外来患者様や病棟看護師も桜を咲かせにリハビリ室まで足を運んでくれました。

患者様からも『入院しているのに桜が見れた』『自分たちで桜を咲かすのは斬新かつ面白かった』と沢山のお褒めの言葉がいただけました。

素晴らしいプロジェクトをありがとう!次の企画も楽しみにしています!!