FIM講習会への取組み

病院では、より良いリハビリに向けて、看護師やリハビリスタッフ自ら勉強会を行っています。

今回「FIM」の講習会がありました。その講習を行った看護師に話を聞きました。

FIMとは機能的自立度評価表であり、日常生活上の「しているADL」、リハビリでの「できるADL」を18項目評価していくものです。

それにより、患者様のADLの自立度、介助量を点数で把握することができ、他職種と情報共有しやすく、現状の生活課題を知り治療や個別ケアを提供するのが目的です。

例えば、リハビリの時間ではトイレ誘導できても、患者様は日によって介助量が変化したりすると、「できるADL」の点数は高くても、「しているADL」の点数は低くなり、点数に差がついてしまいます。

その差を減らすために私たちはどんな介護・ケアを提供していくか? というところが難しい所だと思いました。

FIMとはまず何か? というところから、今回の勉強会に向けてFIMの本を借りたり、ネットで色々調べ、その重要性を実感しました。

退院に向けて患者様のADLを向上させるためには、どのようなケア・看護が必要なのかを日々考えながら、退院時笑顔で帰って行くお姿を、これからも見届けていきたいと思います。

2B病棟 看護師

コメント

コメントをお寄せください。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。