紫陽花が咲きました

6月

回復期の患者様は、病室でじっとしているわけではなく、毎日リハビリ室まで往復します。

また患者様どうし、おしゃべりしたり、たまには1階の売店で買い物したり・・・

このあいだデイルームの飾りつけをお願いしたら、こんなかわいらしい紫陽花の花が咲きました。

素敵でしょ?

ところで病棟の廊下は、医師、看護師、リハビリのPT・OT・ST、介護士、ソーシャルワーカー、栄養士などが行き交います。

その医療スタッフも家に帰れば、単身、子育て世代、親の介護が気になる世代などさまざま。

つまり回復期病棟は、いろんな人たちが活動する生活感あるところなのです。

ちょっとした、コミュニティー といった感じ。

独り暮らしの患者様にとっては、賑やかでちょっとビックリのようです。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿