記事一覧» 2019年06月

☆屋上開放☆

【リハビリ】

今年度よりリハビリスペースとして屋上が開放となりました。

歩行練習や機能練習の場所としてだけでなく、家庭菜園などを通してリフレッシュの場ともなっています。

良い風が吹いていて気持ちがいいです。天気のいい日にはスカイツリーや富士山も見える穴場スポットです♪

患者様が毎日、水を上げたり、草むしりをしてくれ美味しそうな夏野菜が育ってきました!

収穫間近!!

5月最終日、リハビリテーション科開催の、介助講習に参加しました。

講習は、①ベッド上での上方移動、②1人介助(中等度)、③2人介助(重度)の3つに分かれて行いました。

ステップ毎の動きを見本で見て、その後一連の動きを通しで見ることができました。

沢山の写真、ステップ毎の説明、と資料がまとまっていたし、リハビリスタッフから直に、正しい介助方法やコツを教えてもらい、質問も出来ました。

自分が、患者様、スタッフ双方の役になったので、不慣れな人から移乗介助されるときの不安、恐怖心がわかる気がしました。

また正しい介助は、患者様も自分も楽で痛みが無いことを再認識しました。

ベテランになるにつれ、いつの間にか自己流になったり、力任せになりはしないだろうか? と思いました。

いつになっても介助講習にその都度参加し、自分のやり方を再確認し、自身を持って介助に臨みたいです。

2B病棟介護職

病棟レクレーション

梅雨の中休みなのか、関東では梅雨入りしたものの天気のいい日が続いています。

病棟レクリエーションにて、回復期病棟のデイルームを鮮やかな紫陽花で飾って頂きました。

当院の近くにある北小金の本土寺も紫陽花が見ごろを迎えているようです。

FIM勉強会

【リハビリ】

恒例勉強会となりつつあるFIMの勉強会を病棟と合同で実施しました。

FIM(Fanctional Independence Measure)とは対象を限定せず様々な疾患に対して使用することができる日常生活自立度を評価するスケールで、病棟内で実際に『している』生活動作を点数化して自立度を表します。

当院では入院しているすべての患者様でFIMを活用して評価を行っています。毎年、新人スタッフが稼働し始めるタイミングで勉強会を実施して共通認識のもと評価が行えるように取り組んでいます。

今年はリハビリ科スタッフ、看護師だけでなくドクターやヘルパーも参加して頂けました。

担当してくれたスタッフのかた、情報量たっぷりな資料作成ありがとうございました♪

介助講習♪

【リハビリ】

先日、毎年恒例となりつつある院内スタッフ向けの介助講習を実施しました。

リハビリ科中心となり、病棟スタッフ、コメディカルスタッフ、医事課スタッフと総勢60人以上のスタッフが参加してくれ盛り上がった形で開催することができました。

介助講習という形だけでなく、病棟での移乗動作指導、ご家族指導という形も随時とっています。介助方法でお困りの方は、当院リハビリスタッフまでお声かけ頂ければ対応させていただきます。