記事一覧» 2019年08月

★HANABI PROJECT★

【リハビリ】

8月23日(金) に当院入院患者様やご家族様と流山花火大会の鑑賞会を行いました。

リハビリスタッフ達の『入院患者様にも季節感を感じて貰いたい』『リフレッシュの場やご家族との思いで作りを当院で』という思いに多くの病棟スタッフが賛同してくれたために数年ぶりに屋上での花火大会の鑑賞会を復活させることが出来ました。

当日は朝から雨が降ったり止んだりと花火開始直前まで流山の上空は厚い雲に覆われていましたが、雨に降られることなく無事に鑑賞会を終えることができました。

患者様とご家族様を合わせて67名が参加され、病院スタッフを含めると100名近い盛大な鑑賞会となりました。ご家族様と過ごされる方もいれば、患者様同士で仲良く談笑されている方もおり、入院生活では見られない笑顔や表情が沢山見ることが出来ました。

参加された患者様、ご家族様からも『楽しかった』『入院中に花火が見られるなんて思っていなかった』『家族でよい思い出が出来た』と嬉しいコメントを頂くことができました。

企画、運営してくれたスタッフの方々、ご参加いただいたご家族様ありがとうございました。

当院屋上からは松戸市の花火大会も流山市の花火大会も見れるようですので、来年は2回開催できるようスタッフで検討していこうと思います。

FIM講習会への取組み

病院では、より良いリハビリに向けて、看護師やリハビリスタッフ自ら勉強会を行っています。

今回「FIM」の講習会がありました。その講習を行った看護師に話を聞きました。

FIMとは機能的自立度評価表であり、日常生活上の「しているADL」、リハビリでの「できるADL」を18項目評価していくものです。

それにより、患者様のADLの自立度、介助量を点数で把握することができ、他職種と情報共有しやすく、現状の生活課題を知り治療や個別ケアを提供するのが目的です。

例えば、リハビリの時間ではトイレ誘導できても、患者様は日によって介助量が変化したりすると、「できるADL」の点数は高くても、「しているADL」の点数は低くなり、点数に差がついてしまいます。

その差を減らすために私たちはどんな介護・ケアを提供していくか? というところが難しい所だと思いました。

FIMとはまず何か? というところから、今回の勉強会に向けてFIMの本を借りたり、ネットで色々調べ、その重要性を実感しました。

退院に向けて患者様のADLを向上させるためには、どのようなケア・看護が必要なのかを日々考えながら、退院時笑顔で帰って行くお姿を、これからも見届けていきたいと思います。

2B病棟 看護師

☆8月の創作活動☆

【リハビリ】

病棟レクでは毎月、創作活動が行われています。

8月は『オリジナル風鈴作り』。夏っぽいですよね??

レク係のスタッフ達が毎月、季節にあった活動を考えてくれています。

企画は勿論ですが、患者様に安全に提供できるように、楽しんで頂けるように準備も一生懸命です。

参加された方のそれぞれの病室には自分で作った風鈴が飾られており、嬉しそうに『楽しかった』『思い出が作れた』と話を聞かせてくれました。

今月の創作活動も感情を揺さぶる事が出来たのではないでしょうか?企画担当のスタッフの方、ありがとうございました☆

病棟レクへ参加される患者様も毎月増加傾向でリハビリ時間外での活動性向上にも繋がっています。

院外研修へ

【リハビリ】

リハビリ科の3年目から5年目の5名のスタッフを連れ、上尾中央総合病院へ研修へと行ってきました。

グループ研修に初めて参加するスタッフも多く、会場がホテルのような巨大病院ということで若干緊張気味でしたが、グループワークが始まると各チームでリーダーシップをとり活発な意見交換を展開してくれていました。

『自分自身の、患者様のモチベーションを保つために我々が出来ること』をテーマに再考する良い機会となったようです。定期的に他病院での取り組み発表や事例検討会ができるのはグループ病院ならではだと思っています。

参加されたスタッフの皆様、お疲れ様でした。

今回の研修で得たもの、感じたものを当院で形にしていってもらえると、リハビリ科・病院全体の活気につながってくれると思います。

就職説明会へ

【リハビリ】

今年もこの時期がやってきました。就職説明会!

多くの専門学校や大学にて就職説明会が開催され、当院も来年度から一緒に働ける同志を求めて就職説明会へ参加させていただいています。

本日も関東の2校の学校にて病院紹介をさせていただきました。

私も埼玉県の『文京学院大学ふじみ野キャンパス』に行ってきました!

決められた時間の中で、心に響くプレゼンテーションをするのってとっても難しい…と思いながら毎回反省しながら帰路につきます。笑

どの学生さんにも伝えるのが『百聞は一見に如かず。とりあえず一度病院見学に来て♥』と雰囲気を感じてもらう為に来てもらうことをお願いしています。

当院は関東だけでなく、東北・九州・沖縄と日本全国からスタッフが集まってくれています。

就職活動中の学生さん、転職活動中のセラピストの施設見学は随時受け付けています。連絡を頂ければ幸いです。

本日、当ブースを訪問していただいた学生さん、このような説明会を設けていただいた学校関係者のかたに感謝申し上げます。

ありがとうございました。