医療法人社団愛友会 千葉愛友会記念病院
  • 病院のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 健診・人間ドック
  • 診療科・部門紹介
  • 医療関係者の方へ

診療科・部門紹介

看護部

教育・研修制度

新人研修

当院では3年前より、新人教育システムを『プリセプターシップ』から『チューターシップ』へと変更しています。教育のコンセプトは「看護部全員で新人看護師がステップアップできるように支援する」ことです。当院オリジナルの新人看護師技術研修ノートを作成し指導者は同じレベルで新人教育に関わっております。

先輩ナースから

Image

当院の特徴は、継続して看護できる体制が整っているので、笑顔で退院されていくまで、もしくはきちんとお見送りするまで、一番近くで患者さまを看護できることです。
急性期の治療だけで慌しく退院していかれると、その後、患者さまがどういう経過をたどられて、現在どうしていらっしゃるかがまったく分かりません。でも当院なら、患者さまの健康状態や生活状態の変化を把握しながら、患者さまやご家族の方をサポートしていくことができます。そして、退院後の通院でも患者さまを支援しています。
幅広い経験・知識を吸収できる当院で、いっしょにがんばりましょう!


新卒者研修計画

[+]クリックで拡大

[+]クリックで拡大

研修名 主な内容
4月 入職時集合研修 病院の沿革〜教育プログラム
院内各委員会からの講義
薬局・放射線科・地域連携室・医療相談室講義
グループワーク etc
技術研修1 患者様の移送
オムツ交換・シーツ交換・寝衣交換
体位変換
食事介助(NOVARTIS社 講義)
技術研修2 vital signについて/vital signの測定
血糖値測定
静脈採血
5月 技術研修3-1 注射の準備(アンプルカット)
皮下注射
皮内注射
筋肉注射
技術研修3-2 静脈内注射(側管注を含む)
点滴静脈内注射
輸液ポンプ/シリンジポンプ
点滴の更新
ヘパリンロック
看護記録について 看護部記録委員会にて
6月 リフレッシュ研修 入職2ヶ月での自己の振り返り(グループワーク)
輸血と検査データの解釈 検査科より
日勤オリエンテーション さまざまな場面を想定してのシミュレーション
7月 スキンケア・創傷管理 褥瘡委員会にて
スキンケアの重要性
スキントラブルの種類と対処方法
スキントラブルの回避
創傷ケアについて
8月    
9月 BLS研修 一次救命処置について
気道確保
人工呼吸(アンビューバッグ)
心臓マッサージ
shock時の対応
急変シミュレーション ベッドサイドでの急変を想定しての対応に関して、
vital signや必要な情報の収集
10月 リスクマネージメント研修 インシデントレポートの具体的な書き方
分析→改善策の立案→解決
当直オリエンテーション 当直に入るにあたっての心得
11月 重症患者様の管理1  
12月 重症患者様の管理2  
2年目以降教育研修プログラム
年数 主な内容
2〜3年目 看護課程の展開/看護課程に基づいた個別性のある看護が提供できる
専門的な知識・技術を身に付ける
チームリーダーの役割を理解し、リーダーシップが発揮できる
後輩や学生の指導に関わることができる
看護実践能力の向上、問題解決能力を向上させ、
個々の患者の状態に応じた看護が提供できる
チューターの役割が果たせる
4〜5年目
以上
看護の専門性を追究し看護研究に取り組む
各部署の運営に当たり、中心的な役割を果たし、リーダーシップが発揮できる
看護の現状を振り返り、効果的なチームの運営方法を考えることができる
エキスパートの知識・技術の習得に取り組める
キャリアアップの研修
ファーストレベル、セカンドレベル、研修センターで開催される管理者研修、専門看護、認定コース受講
研修内容
  • 院内
    • 接遇とマナー(医療人に求められる身だしなみ・接遇)
    • スキンケア(褥瘡予防とケア)
    • 心電図セミナー(12誘導心電図の取り方・読み方)
    • 人工呼吸器の管理(機械の設定・管理から看護まで)
    • 輸液管理(電解質と輸液の関係・中心静脈カテーテルの管理)
    • パソコン教室(業務・研究に活かすデータ収集と分析)
    • 人工透析(各血液浄化療法の理解と看護)
    • 内視鏡検査の看護(GIF・CF・BFなどの理解と看護)
    • 検査データの読み方(病態生理の理解)
    • 院内看護研究発表会
    • 循環器疾患に関連して
    • 救急対応セミナー
  • 院外
    • フォーカスチャーティング(業務に活かされる記録とは)
    • ストーマケア(ETナースの育成)
    • クリニカルパス(計画的看護の向上を目指して)
    • 麻酔看護セミナー(麻酔時における看護)
    • 看護理論の実際と実践
    • 感染管理セミナー
卒後教育

地域の患者様のご期待に応えられるような看護サービスを提供するため、看護部では卒後教育プログラムの充実に力を入れ、看護師一人ひとりの看護師実践能力向上を図っております。

看護研究発表会

院内発表会を年1回実施しております。各部署で研究した事例を発表し看護の質向上に取り組んでおります。

派遣研修

日本看護協会主催の看護学会、千葉県看護協会や、上尾中央医科グループ協議会看護局などが主催する研修会に積極的に参加しております。しかも出張扱いとなりますので安心して研修参加できます。

ページの先頭へ