医療法人社団愛友会 千葉愛友会記念病院
  • 病院のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 健診・人間ドック
  • 診療科・部門紹介
  • 医療関係者の方へ

診療科・部門紹介

新生児科

新生児科とは

赤ちゃんが元気に生まれ、その後すくすくと育つことは誰もが望むことですが、中には早産や低出生体重で生まれたり、生まれつき何らかの疾患を抱えていたりして、医療的な観察や処置を要する場合があります。また、子宮内から子宮外への環境の変化にうまく適応ができず、一時的にサポートを必要とする赤ちゃんもいます。
新生児科は、早産児や低出生体重児の分娩、難産の場合、帝王切開による分娩などの際に立ち合い、生まれた赤ちゃんの診察を行い、必要な場合は蘇生処置や入院処置を行っています。
また、健児を含めたすべての院内出生児について、初回(日齢1)と退院前の診察をルーチンで行うとともに、何らかの問題がみられた場合は適宜の診察や処置を行っています。

新生児室について

新生児室では、集中治療を要するほどではないものの、以下のような状況で経過観察や治療を要する児が入院します。

  • 予定日よりも早く生まれた児:37週未満
  • 体重が標準よりも小さく生まれた児:2500g未満
  • 子宮内から子宮外への環境の変化にうまく適応できないか、そのリスクのある児
    :仮死、低体温、呼吸障害、循環障害、哺乳障害など
  • その他、感染症、黄疸、先天異常など、何らかの疾患がある児

NICUでの集中治療が必要な場合や、重症の心疾患、外科的疾患など院内対応が困難な児については、高次医療施設への紹介や搬送を適宜に行っています。
なお、可能な範囲で、他院からの新生児搬送やバックトランスファーの受け入れも行っております。

フォローアップ外来について

  • ♥毎週(月)(金)15:00〜予約制♥

産科や新生児科を退院した赤ちゃんの中には、その基礎疾患や治療の経過によっては、地域で行われる健診だけでは十分なフォローが行えきれない場合があります。このような児では、退院後も定期的な外来診療を行い、経過観察や治療の継続を行ったり、成長や発達のフォローアップを行ったりする必要があります。 例えば、小さく生まれた赤ちゃんで身長、体重とも10パーセンタイル未満の児をSGA(small for gestational age)児といいます。この中には長じても身長が標準よりもかなり低いままの児もおり、SGA低身長と呼ばれ成長ホルモン治療の適応となります。フォローアップ外来ではこういった問題についても対応してまいります。

担当医

名前 村上 智彦(むらかみ ともひこ)
出身大
  • 奈良県立医科大学(平成元年卒)
所属学会
  • 日本小児科学会(専門医)
  • 日本周産期新生児学会
  • 日本小児神経学会
  • 日本てんかん学会
  • 日本小児集中治療研究会
資格
  • Neonatal CPR provider
    (新生児蘇生法専門Aコース)
  • BLS provider
  • PALS provider


ページの先頭へ