医療法人社団愛友会 千葉愛友会記念病院
  • 病院のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 健診・人間ドック
  • 診療科・部門紹介
  • 医療関係者の方へ

診療科・部門紹介

小児科

小児科のご案内

当科からひとこと

子どもは成人とは異なり、日々成長し発達していることが特徴です。年齢や発達段階より子どもの病気の種類も治療方法も異なります。また、成人にはない子ども特有の数多くの病気も認められます。
小児科では、新生児を含む子どものそれらの内科系疾患すべてを診療しているため、個人に合わせた細やかな診断や治療が必要になります。私たちの小児科は、経験あるスタッフを中心に「安心して受診できる」医療を目指して診療にあたっております。
小児科医療の原点は「こどもが健やかに育つ」ことにあります。当院のある東葛地区は緑豊かな自然が多く、「こどもが健やかに育つ」環境にあります。私たち小児科が未来を担い、これから発達する子どもたちを見守りながら、その健康に責任を持つことで少しでも「子どもが健やかに育つ」ことにお手伝いできればと思います。
病気のことだけではなく、育児や予防接種のことなどお困りのことがあれば、いつでも当科にご相談ください。

小児科とは

当院小児科では、新生児より中学3年生までの内科疾患全般を対象として、診療を行っております。
午前は一般外来で、午後は健診・予防接種とアレルギー疾患を中心とした専門外来の診療を基本としております。
当科は日本アレルギー学会専門医教育認定施設であり、一般社団法人日本アレルギー学会専門医ですのでアレルギー疾患の予防や日常管理についてはお気軽にご相談ください。
また、第1月曜午後は小児循環器外来を併設し、専門性の高い循環器疾患へ対応が可能です。
小児科の病床は、院内出生児のための新生児室と一般小児の病床がありますが、一般小児の病床数は限りあるため、入院を必要とする場合は近隣の病院へご紹介することがあります。また、食物アレルギーをお持ちの患者様で食物経口負荷試験を行う場合は、原則日帰りでの入院を行っております。

治療方針

お子さまの病気の早期 診断や治療を行うとともに、乳児健診、予防接種、育児・栄養相談などを通じて、病気の予防と健康増進をはかり、お子さまの成長を助ける医療に努めます。 また、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎をお持ちの患者様に関しては、より専門性の高い診断・治療を行います。 また異常分娩での小児科医の立会いや、出生した病児に対する輸液や酸素投与、光線療法などの初期対応を行っています。

得意分野

新生児に見られる疾患全般、小児アレルギー疾患全般(食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎等)、小児膠原病疾患、小児腎臓疾患、感染症一般

お知らせ

平成28年5月より「子どもの心と発達外来」を開設いたしました。(※完全予約制)
「子どもの心と発達外来」 では、お子さんの心の問題や、発達のつまずきに関する相談をお受けしています。主な対象疾患は下記の通りですが、ほかにもお子さんとご家族が困っていることがあればなんでも、ご相談下さい。
思わぬところにヒントが隠れていることがあります。

対象
乳児から原則15歳まで(16歳以上の方もご相談下さい。ケースによっては拝見出来ることもあります。)
  • 乳幼児の睡眠の問題
  • 発達の遅れ、偏りが気になる
  • 自閉スペクトラム症、ADHD、限局性学習賞(LD)などの発達障害
  • 不登校、いじめなど学校に関する問題
  • 神経症(不安症や強迫症、パニック障害など)
  • 摂食障害(拒食や過食など)(入院が必要なケースは専門病院へ紹介します)
  • チック
  • 窃盗や家庭内暴力などの行動上の問題(ケースによっては専門病院へ紹介します)
  • 原因不明の体の症状(頭痛、腹痛、長く続く咳など)

医師紹介

名前 根津 櫻子(ねづ ようこ)
担当診療科 小児科
役職 部長
出身大 千葉大学(平成3年卒)
資格・認定
  • 日本小児科学会専門医
  • 日本アレルギー学会専門医
専門
  • アレルギー

名前 永吉 亮(ながよし りょう)
担当診療科 小児科
出身大 聖マリアンナ医科大学(平成18年卒)
資格・認定
  • 日本小児科学会専門医

名前 小林 嘉代(こばやし かよ)
担当診療科 小児科
出身大 杏林大学(平成13年卒)
資格・認定
  • 日本小児科学会専門医
  • 日本アレルギー学会専門医
専門
  • アレルギー

ページの先頭へ