医療法人社団愛友会 千葉愛友会記念病院
  • 病院のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 健診・人間ドック
  • 診療科・部門紹介
  • 医療関係者の方へ

診療科・部門紹介

禁煙外来

禁煙外来担当
小早川医師からのメッセージ

「 禁煙をしたい方、自分では止められない方は
是非一度ご受診下さい 」

たばこを吸える場所がなくなる、吸う人が減っている

最近(平成28年8月)厚生労働省から、『たばこ白書』が発表されました。受動喫煙が肺がんや大動脈瘤などの病気の危険性を高めることが明らかとなったので、今後は政府主導で公共の場所や飲食店での全面禁煙を進めていくという内容です。
2020年の東京オリンピックまでに、喫煙可能な場所は『どんどん』なくなって行くでしょう。なお、たばこを吸う人(喫煙者)の場合は、平成16年は、成人の26%(男性43%、女性12%)でしたが、平成26年には成人の20%(男性32%、女性9%)と大きく減少しています。

禁煙はなぜ難しいのか

『禁煙なんて簡単だ、私は何十回もしている』という笑い話がありますが、禁煙を自力で(根性で)実行することは困難です。
ニコチンは脳の受容体に結合して、ドーパミンを放出させ『幸福感』をもたらします。禁煙してニコチンの血中濃度が下がると『不幸』になるので、また吸いたくなります。
いわば、脳がニコチンに乗っ取られている状態なのです。『幸福感』が人質ですので、自力での禁煙はとても困難ということがおわかりだと思います。

禁煙外来とは

『どうしても禁煙したい、けれどニコチン依存症のために自力禁煙ができない』という方をサポートするのが禁煙外来です。当院の禁煙外来では、主にバレニクリン(商品名をチャンピックス)という飲み薬を用いて禁煙をサポートします。
バレニクリンはニコチンの代わりに脳の受動体に結合して、ドーパミンを少量放出します。ドーパミンは『幸福感』をもたらす物質ですので、禁煙してニコチン血中濃度が下がっても『不幸』になりにくい(ストレスが減る)状態をつくります。
この状態で、もしたばこ吸ってニコチンが入ってきても脳の受容体には結合できないので、いつも感じている幸福感を感じません。それで『おいしい』と思っていたたばこが『おいしくなくなる』という仕組みです。禁煙状態を3か月維持すれば、禁煙成功となります。そして、この方法での禁煙導入成功率は70%以上と、自力禁煙の7%よりも格段に高いのです。

禁煙を希望する理由

禁煙外来を受診される方の理由はさまざまです。肺気腫や心臓病と診断された、咳や痰・息切れを減らしたい、自分や家族の健康のために、たばこ代が高くなった、吸える場所がない、禁煙に成功した同僚がいる、医師や家族の勧めで、などなど。
大切なのは禁煙したいという強い意思です。たばこを止めたい、けれどニコチン依存症のため自力禁煙がうまくいかない方は、禁煙外来で相談をしてみてください。

ページの先頭へ