レスキューママ大活躍!   産婦人科病棟

今まで体験して事のない大地震、すごく怖かったですね。

地震発生時(H23年3月11日14時46分)、当院の産婦人科病棟では、

9人のスタッフが勤務していました。母子同室ベビー8名、新生児室ベビー3名

が入院されていました。余震が続く中、同室ベビーはそれぞれお母様が

レスキューママで抱っこし、スタッフは新生児室のベビーをレスキューママで

抱っこしながら仕事しました。

 みんがが慌ただしくしている中、べビーはレスキューママの抱かれ心地が

良かったみたいで、スヤスヤと気持ちよさそうに寝ていました。 

 今回の地震でレスキューママの重要性をつくづく実感し、大活躍した1日でした。