新人多重課題を行いました!!

寒い季節となりました~ 年の瀬もせまり、みなさまいかがお過ごしですか??

11月の行事から新人多重課題を紹介させていただきます。多重課題とは、複数の患者対応の中で安全な看護ケアが提供できるように優先順位を考えて行動することを言います。 今回の課題は患者役が3名。点滴漏れ・トイレ誘導・痰の吸引で、患者役がそれぞれシナリオ通りの動きをしていき、それにどう対応していくかをみます。

看護部長・看護副部長・所属長・先輩看護師が見守る中で、緊張でガチガチ(^-^;)の新人さん達でしたが課題が始まると患者役に優しく声をかけながら対応したり、咳をして痰が絡む方にはティッシュを渡すなど細やかな対応をしつつ、優先順位を考えながら対応できていて、ナースとしての成長を感じられる場面も多くみられました。 また、それぞれの個性も出ていて、非常に良い体験になったと思います。

多重課題後のグループワークでは、それぞれの意見交換を行い、発表を通して気付きや学びを深めることが出来ました。新人さん達だけではなく、私も先輩看護師として成長過程にある新人スタッフと一緒に成長していきたいなと再認識する良い機会となりました。

日増しに寒さが厳しくなってきたので、風邪などひかれませぬよう、お体に気を付けてお過ごしください。

3C 長井

◆毎年迫真の演技をしてくれるM主任!今年も主演男優賞ものでした(^^)

◆グループワークの様子