AMG学会にて演題発表を行いました!

日差しの明るさに春の気配を感じるようになりました。

2月、AMGグループで行われたAMG学会において、『示説』演題発表を行いました。

毎年行われている院内看護研究発表会において選出され、「脳外科外来におけるトリアージ問診票の有用性の検討」という研究テーマの発表となりました。

トリアージの一貫性の質を保つという目的にて行われた本研究ですが、現在も日々業務で活用されています。

学会では看護部だけではなく、多職種の発表を見て・聞くことができ、とても勉強になることばかりでした。そんな中で、自部署においてよりよい看護を実践していくためにも、参考となる内容もたくさんありましたので、是非、検討し取り入れていきたいと思います。

よりよい看護を実践していくために、常に研究心をもち続けていきたいと思っております。

外来 冨沢