足の親指が反り返る時に付け根が痛む、「強剛母趾」

地面を蹴る時に足の親指が強く反り返りますが、この時に親指の付け根が痛む病気です。ハイヒールを履いたり、つま先立ちをした時などにも痛みます。関節の動く範囲が小さくなって、ほとんど動かなくなってしまうこともあります。骨のトゲが大きくなると、その部分が靴と当たっても痛くなることもあります。

打撲やスポーツ、ハイヒールなどが原因で起こると言われています。

初期の段階では、底が硬い靴や足底挿板を使って、母趾の反り返りを制限することで痛みを和らげます。また、痛み止めの内服、湿布や塗り薬、注射をすることもあります。

最終的には関節が壊れてしまうこともあり、そこまで悪化してしまった場合には、手術をすることもあります。

よくある質問
Q 他に母趾が痛む病気はありますか?

A 痛風や外反母趾などがあるので、鑑別が必要です。

Q どんな検査をするのですか?

A レントゲン写真を撮りますが、骨のトゲが軟骨の場合、はっきり写らないこともあります。

Q どんな手術をするのですか?

A トゲを含めて骨の一部を削る方法と、関節を動かないように固定する方法、人工関節に置きかえる方法などがあります。人工関節は、まだ耐久性などに問題があり、私は行っていません。

このページを閉じる