爪先立ちの時に足首の後ろが痛い、「三角骨症候群」

足首の後ろに、時々、三角骨という余計な骨がある人がいます。これが、バレエでポアントという爪先立ちの姿勢を取ったり、サッカーでボールを蹴る時に足首を強く曲げたりすると、刺激されて炎症を起こします。

爪先立ちのような動作で痛みを生じたり、すぐそばを長母趾屈筋腱という母趾を曲げる腱が通っているため、母趾の動きでも痛みを生じたりします。

治療は、痛くなる動作の制限、消炎鎮痛剤の投与や注射を行いますが、改善しない場合には手術で切除します。

よくある質問
Q なぜ三角骨ができるのですか?

A 過剰骨と言って生まれつきある場合と、前にある距骨の突起が骨折して残った場合があります。

Q どんな手術をするのですか?

A 三角骨を切除します。最近は、内視鏡を使って小さな傷で行うこともあります。

このページを閉じる