転落でおこり、後遺症が残りやすい、「踵骨骨折」

高いところから落ちて「かかと」をついた時に起こる骨折です。骨粗鬆症だと、低い椅子や縁側から落ちたくらいで骨折することもあります。  破裂するように折れることが多く、隣の骨とのかみ合わせがずれたり、そばを通る神経や腱を押したりして、痛みやしびれが出ます。

早期に徒手整復や手術で正確な形に戻すのが大切ですが、それでも完全には治りにくいです。

後遺症が残ったら、症状に応じて治療を追加します。

よくある質問
Q 最初はどんな治療をしますか?

A 骨を両側から押したり、手術で整復して金具で固定したりします。

Q どんな痛みが残りやすいですか?

A デコボコ道を歩く時、足首より少し下に痛みが出ることが多いです。

Q どこがしびれますか?

A 足裏がしびれることが多いです。

このページを閉じる